Diary Only japanese
最新のDiary
2019-11-14
持たずに借りる
2019-11-03
消防
2019-10-21
ジャパンカップ終了
2019-10-10
コフィディス
2019-10-09
トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ
過去のDiary

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ブエルタ第5ステージ
ブエルタ第5ステージ
昨日はマドラソが勝った。
ちょっと前にフェイスブックで友達申請をしてきた選手なんだけど、まさか彼が勝つとは思わなかった。しかもワンツーフィニッシュである。
ブルゴスという小さいチームで走っているだけにチームメイトの喜びは尋常ではなく、ゴールラインを過ぎたあたり、つまり僕らフォトグラファーが陣取るあたりでみんな抱き合って喜んだ。
これによってレースディレクターの車が通れず、ゴールは大混乱。
写真もめちゃくちゃになってしまった。
ブエルタの名物シーンだった。
しかし、小さなチームがグランツールのステージを取るのは本当にいいものである。
今年のジロでNIPPOのチーマが勝って以来の感動的なシーンだった。
フェリーチェ・ジモンディ
フェリーチェ・ジモンディ
イタリアのスーパースターだったフェリーチェ・ジモンディが他界した。
葬儀のビデオを見たが、各関係者の思い出話はとても興味深く、僕の知らなかったこともたくさんあった。

ファッサボルトロで監督を務めたジャンカルロ・フェレッティはかつてジモンディのアシストだった(のちにジモンディが所属していたチームの監督にもなる)。
レース中、ジモンディは腕を回してアシストに前に出てこいと指示することがよくあったという。
ジモンディはいつも先頭から五番以内で走っていたからだ。
だけど、アシストにとって、いつもそんな前をいつも走るのは無理。
そこである日、ジモンディにこう言ったという。
「僕らの脚は君の脚とは違う。もし同じだったら、みんなフェリーチェ・ジモンディみたいな選手になっているよ」

強い選手は監督になってはいけないとヘンドリック・ルダンは言った(現ディメンションデータ監督)。
なぜなら、自分ができることはみんなができると思い込んでしまうからだ。

グルッペット
以前、日本でイタリアの自転車工房がチクリと呼ばれていて、一体何のことかわからなかった。
チクリとは自転車の総称で、自転車工房のことではない。
おそらくどこかの工房がたとえば「チクリ・スナダ」(=自転車の砂田屋)と看板を掲げていて、これを日本人が誤解したものだと思う。
僕はイタリアの自転車工房の本を2冊出した他、自転車専門誌や一般誌で数え切れないくらい記事を載せたけど、このチクリという言葉を打ち消すのもライフワークみたいなものだった。

今、恐ろしく誤解されているのはグルッペットというイタリア語である。
遅れた選手の集団という風に日本で解釈されているようだけど、イタリア語では単に小集団の意味で、逃げている集団も普通にこのように呼ばれる。
ぜひ是正してもらいたい。

友人の息子の事故
ツール・ド・フランス期間中だったので知らなかったけど、イタリアのジュニア選手がベルギー・ヘントのトラックで落車。そのとき、尖った木が腹を貫通するという痛ましい事故が起きていた。
実はこの選手のお父さんと僕は若いときチームメート。息子は将来を期待されていて、今はナショナルチームのメンバーにも抜擢されている。
今シーズンの復帰は難しいが、また来シーズン頑張って欲しい。

https://www.gazzetta.it/Ciclismo/13-07-2019/papa-gobbo-trafitto-un-listello-pista-ma-ora-lorenzo-sta-meglio-340844239739.shtml