Diary Only japanese
最新のDiary
2024-01-22
忘れられない撮影
2023-12-21
今年もあとわずか
2023-11-24
写真展が始まっています
2023-10-25
スペシャライズドのイベントで撮影
2023-10-24
クネゴから聞いた驚愕の話
過去のDiary

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年06月

2023年04月

2023年03月

2023年02月

2023年01月

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年09月

2022年08月

2022年07月

2022年06月

2022年05月

2022年04月

2022年03月

2022年02月

2022年01月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

スペシャライズドのイベントで撮影
スペシャライズドのイベントで撮影
申込リンクはこちらで、26日の木曜日いっぱいまで予約を受け付けているとのことです。

https://us.bikerentalmanager.com/book.html?shop=shkd2&event_ref=TTBTokyo
クネゴから聞いた驚愕の話
クネゴから聞いた驚愕の話
先日のジャパンカップでゲストとして来日したイタリアのダミアーノ・クネゴ。
2004年にジロ・デル・トレンティーノで史上最年少優勝者となり、続くジロ・デ・ラッペッニーノやラルチアーノを連取。そしてジロ・ディ・イタリアでは4区間を制し、22歳9ヶ月という史上6番目、戦後では3番目の若さで優勝した。この年にパンターニが亡くなっており、後継者としてものすごく大きな期待が集まったのは記憶に新しい。
僕もこのときは彼の撮影でチームや家に行ったりし、親交が深まった。僕が取材の最前線にいた2020年、引退して2年が経っていたけど、ジロ最終日のミラノのステージで遠くから手を振ってくれて久しぶりに会い、話が弾んだ。
あれからさらに3年が経ち、今回は宇都宮でゆっくりと話ができた。お昼ご飯で1時間、カフェでさらに1時間、たくさんのことを話した。

今、彼の主な仕事はコーチだ。
プロ選手を辞めてコーチになった例は少なくない。近年ではピエポリやバルトリらがプロ選手を裏から支えている。
クネゴの場合、現在大学生で、来年が卒業。イタリアで大卒というのは日本とは大きく違い、とても大変なのだ。クネゴの卒業論文はニバリ、バルベルデ、ポガチャルの強さの研究だという。さらに教授の前で口頭試験があり、これが並の勉強では合格できない。
クネゴのようにプロを辞めてから大学を出てコーチの資格を取る例は非常に少ない。そんな彼に、すでに自転車以外のサッカーチームからもオファーが来ているという。
彼は今もロードとマウンテンバイクに乗っている。ロードバイクの機材は今も地元のメーカーからもらっているが、MTBは通販などでパーツを買っているから、自転車の値段のことも知っている。
自転車の高騰ぶりはイタリアもいっしょだ。だから若い選手が自転車を始めるのは簡単ではないときがあるし、機材が貸与される整ったクラブが多くあるが、あそこのクラブはアルテグラだけど、あっちはデュラエースだからあっちに行くなんていう例もあるという。

そしてなにより驚かされたのは、彼が見ているジュニアのなかで、クネゴがプロの時と同じくらいの体力データを発揮する選手がいるという話だ。
彼がいうには、優秀なコーチにつくと、ジュニアでもそこまで到達できるというのだ!
一方、昔からのやり方で勉強していないコーチ・監督についた場合、当然ながらデータも低いという。
しかも自転車界で跋扈する代理人たちは、ジュニア以下の選手に触手を伸ばし、金こそ渡さないものの、プロへの道に導いているのだ。
日本の現状を見ると、もう連盟に金も人材もなく、希望はジュニアだけという話が伝わってくるが、クネゴの話を聞くと、日本に期待できることはほぼないのではないかと思ってしまう。ジュニアからいきなりプロになって大活躍中のレムコ・エヴェネプールをはじめ、向こうのジュニアの方が比較にならないくらい進んでいるからだ。
これから日本もジュニアからと言ったところで、世界のレベルは手が届かないところに行ってしまっているのだ。
こういう話は夢も希望もないが、簡単にジュニアからという人や団体の甘い認識に一石を投じる意味で書いておこう。