Diary Only japanese
最新のDiary
2018-05-14
今日のレキップ紙 その2
2018-05-06
今日のレキップ紙
2018-05-05
講演のお知らせ
2018-05-02
ローマでイスラエル行きの飛行機待ち
2018-04-20
デルトンゴ倒産
過去のDiary

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

アントワープ到着
今朝は4時に起床し(最近、一度は3時前に眼が覚める。今日もそうだった)、ミラノのリナーテ空港に。
ブリュッセルまで飛び、そこから汽車で30分のアントワープに。
ツール・デ・フランドルのスタートがブリュージュからアントワープに変わったのが昨年。
雨という予報を見たので重装備で来たが、今は青空が見えている。

ロンバルディーア地方の自転車連盟の会長をやっている友人が、選手を連れてジュニアのツール・デ・フランドルに行くところで一緒だった。
彼のお父さんはミラノの強豪チームを持っていたのだが、本人もバイクペーサーの第一人者で、家にはコッピを引いている写真もあるらしい。
E3・ハーレルベーケ終了
E3・ハーレルベーケ終了
19歳でプロ入りしたベルギーの天才レーサー、フランク・ヴァンデンブルック。いちばん右にいるのはの娘ということでびっくりした。
そういえば
3月1日に東京からミラノに来たけど、そのとき成田空港でチェックインが終わって搭乗口にいるときに、放送で名前が呼ばれた。
「もしかして、アップグレードの通告?」とちょっと期待して行ったけど、そこで言われたのは、
「スーツケースにバッテリーが入っていませんか?」
バッテリーは身に覚えがない。
「いいえ、入ってません」というと、係りの人が情報を見ながら、
「たぶん、この辺りのはずです」と指差す。
運び込まれたスーツケースから出て来たのは、携帯電話やモバイルルーターの電池が少なくなった時に使うバッテリーだった。
「えっ、これがダメなのですか?」と聞くと、
「そうなんですよ」と言われた。
僕の他にも何人か同じ人がいた。
みなさんも飛行機に乗るときは気をつけてください。
アップグレードかと期待していったときの落胆度は激しいですし。
ミラノ~サンレモ終了
ミラノ~サンレモ終了
今回のレースで、オートバイの運転手がちゃんとした自転車レースのライセンスを持っているかチェックされ、僕も当初は違う運転手を予約していたのだけど、UCIのものを所持しておらず、変更せざる得なかった。

80年代に活躍したイタリアのスプリンター、グイド・ボンテンピは今、RCSのレースでオートバイを運転しているのだけど、彼から弟さんを紹介され、今回のミラノ~サンレモで初めて運転してもらった。
オートバイもBMWで良かったし、なにより運転が上手い。

グイドは選手を辞めた後に、サエーコやアスタナ、ランプレなどで永く監督をやっていた。
ジャパンカップにも来たことがある。
今は葉巻を吸うおっさんになっているけど、自転車への愛情はまったく衰えていない。
フルームの咳
フルームの咳
走り終えたフルームのところに行ったら、もう話もできないくらいに咳き込んでいた。
例の一件もあり、薬の使用を控えているのかもしれない。
ペタッキやウリッシが長期間レースに出られなかったのに、彼だけが許されるという理不尽さはあるが、一方で、気管支に問題を持っているフルームには同情する。
ティレーノ〜アドリアティコTTT終了
レース結果を見たら、ほぼ次のような感じでした。
チーム予算=実力=タイム
タイムトライアルは昔から「真のレース」と言われています。
実力がそのままタイムになって出るからです。
これがチームTTでもいっしょということでしょうか。
ちょっぴり複雑な気持ちです。