Diary Only japanese
最新のDiary
2017-05-26
連日の好天
2017-05-22
アルベール・ブヴェの死去
2017-05-19
ボトルが顔にヒット
2017-05-16
2度目の休養日あけ
2017-05-12
伝説
過去のDiary

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ終了
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ終了
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュが終わった。
世界一厳しいワンデーレースだけに、前半から選手たちは苦しそう。山の中で一人で写真を撮っていると、からだを揺すりながら選手たちが上がってくる中、バルベルデは僕を見つけると、笑いながら舌を出してふざけて行った。
「やっぱり、他の選手と脚が違うなあ」と思っていた。

サン・ロックの壁に行くと、スキルシマノのチームマネージャーがいて話しかけて来たのだけど、今日はバルベルで絶好調だよ、笑って行ったし」というと「おまえはバルベルデと友達なのか」と感心された。
友達だったらなにか不思議なのだろうか。
プロチームの人間からうらやましがられるとは思っていなかった。
「おお、ビックカメラにいっしょにいって、デジカメを俺のカードを使って安く買ったよ」なんて言っている暇もなく、今日はめちゃくちゃ忙しかった。

レースが終わって、数点の写真を送り、そしてすぐにパリ方面にクルマで向かった。
今はコンピエーニュに泊まっている。
明日の朝の便でシャルルドゴールからミラノに向かい、そして夜の便に乗って帰国する。
1週間ほどの短い休みだけど、家族とゆっくり過ごす予定。
といっても、やること山積みで、あっという間にジロに向かうことになるのだけど。

写真は余裕のよっちゃん、バルベルデ
デュッセルドルフから
フレーシュ・ワロンヌでレベッリンが3勝目を達成。
このクラシックハンターが世界選で勝っていないのが不思議なくらい。
アムステル・ゴールド・レース、フレーシュ・ワロンヌ、そしてリエージュ〜バストーニュ〜リエージュの3クラシックで連勝するという史上初の大記録を作った2004年なんか、バッレリーニが世界選のメンバーから外して大もめとなったくらい。逆に言えば、イタリアの選手層はそれくらい厚いということだけど、今年の世界選は厳しいし、けっこうチャンスがあるのではないだろうか。 

昨日からドイツのデュッセルドルフに来ている。
ホテルは郊外で、トラムに乗って市内を散策してきた。
地場ビールを飲ませるところがいくつかあって、すごい人が集まっている。
僕も昨日は一人で何倍も飲んだ。ビール道の奥は深いっす。

しかし、デュッセルドルフというと日系企業密集の地というイメージだけが先行するけど、実際にはライン川とその川岸のレストランなんかがすごくいい感じで、落ち着いたいい町に思えた。
ラナケンから
昨日のアムステル・ゴールド・レースは好天に恵まれた。
先日のヘント〜ウェヴェルヘムみたいに、立ち止まって写真を撮り終えてからオートバイに乗ったら他のカメラマンのやつで爆笑されてしまったというミスはなく、無難な撮影だった。

ただ、サーヴェロ(っていうんですか。カナダのカメラマンにサーヴェロって言ったら???という顔をされた。たぶん発音的にはこれじゃ通じんのだろうな)の選手が落車して、そこでスピードを落としたら、その前に落車して集団に追いつこうとしていたシュレック兄ちゃんに「邪魔!」て怒鳴られた。まあ、向こうは僕の顔なんか見てなくて、運転手に言うんだけどね。

で、ゴールに言ったら、シュレック兄ちゃんが2度目の落車で病院送りになったことを知った。
怒鳴ったことて運を落としたのかなって。それはないけど、早くよくなってね。

夜その落車が撮れてないのかという電話がガゼッタからあって、期待を裏切る返事をしたけど、まあ2年前のこのレースでも彼は落車している。そこに僕しかいなかったのだけど、「あのとき走り出したのこそ、自分のド根性」なんだそうだ。

今、宿泊しているのはベルギーのラナケン。
初めてのホテルだけど、けっこう居心地が良い。食事もいい。
しかも、朝ご飯に自分で絞って飲む生のオレンジジュースがあるのがすばらしい。
これがあるホテルって意外と少なく、僕はかなり重要視している。
持って来たビタミンCのタブレットは飲まない予定だ。
ポルドイから
今日はポルドイ峠に行ってきて、今は麓のモエーナという町に宿泊している。
今年のジロではポルドイは通らないけど、名所には変わりない。
今年は二十数年ぶりの大雪だったのと、昨日も季節外れの積雪をみたということもあり、雪の壁ができていた。

頂上を歩いていると、向こうからサイクリストが来るではないか。
長年この仕事をしていると、プロとアマの区別は瞬時でついてしまうものだけど、フォームから「あればベルタニョッリに違いない」と思ったら、やっぱり当たっていた。
頂上で偶然の出会いを共に驚きあった。

今年アミーカチップスに移籍したのだけど、チームはろくにレースを走れず、当然ジロにも出られない。パリ〜ルーベからもバイオ・パスポートを取得していないという理由で外された。
次のレースはジロ・デル・トレンティーノと言うけど、僕は行かずに北のクラシック後半戦に向かう。
となると、今シーズンはほとんど彼の姿を見ることができないかもしれない。
遅れながらも給料はちゃんと支払われていると言っていたけど、プロがレースを走ることができないのは、蛇の生殺しである。

一昨年はサンセバスティアンに勝ち、去年はカマイオーレとメリンダで勝ったイタリアを代表する選手がこういう状態なのは、見るに耐えないものだ。
ミラノは久しぶりの雨
トップページが変わったのですが、いかがでしょうか?

今日のミラノは雨です。
北のクラシック後半戦、去年はいい天気だったけど、もし雨が降ったらやっぱりいやだなあ。
今日からジロのコースの下見など、テレビの仕事に数日同伴して、そのまま北のクラシック後半戦に入ります。

仕事がないというフォトグラファーもいるけど、僕は例年以上に忙しいです。
でも、儲かっているかどうかは年末になってみたいと分かりません。
取材にかかる経費は全部自分持ちで、どこからも取材経費というのは特別な場合を除いては出ません。
僕は「費用がかかったら、かかっただけ」というスタンスですから。金のことを考えずに取材はできないけど、でもそればかりに気を取られていたのでは、良い写真は撮れません。
どの程度かかるかというと、ジロで国産車1台、ツールで国産車1台が買えます。国産車というのは宮田やブリヂストンじゃなくて、トヨタや日産です。北のクラシックだったら、トヨタの新車じゃないけど、中古は買えるなあ。
チクリッシモ、4月20日発売号
チクリッシモ、4月20日発売号
ミラノは初夏の陽気です。
昨日、10時間かけてイタリアに戻ったけど、ドイツのアウトバーンは別格としても、イタリアの高速はいちばん速く流れているので(追い越し車線で150キロ、真ん中の車線で130キロくらい)、運転しやすいことを改めて感じました。
その点、スイスは常にスピード取り締まり機を警戒して走らなくては行けないので、安全運転よりもこっちに神経がすり減ると言う本末転倒状態です。

4月20に発売のチクリッシモです。
今回はベルギーが詰まっています。以下、紹介文です。

砂田弓弦監修の自転車ロードレースマガジン『CICLISSIMO』(チクリッシモ)の第13号が発売になります。この号では、「自転車レース王国フランドル」を全34ページで大特集。北のクラシックが行なわれる4月、自転車レースが生活に根ざしている土地、フランドルは異様な熱気に包まれます。このレース王国を現地で徹底取材。ツール・デ・フランドルとヘント〜ヴェヴェルヘムのレポートはもとより、出身選手、レースと縁が深い博物館や宿、カフェにいたるまで掲載。さらにベルギーの自転車メーカー、エディ・メルクス、ムセーウ、リドレーの3社も訪問。黄色地に黒獅子の旗が翻る世界でいちばん自転車競技熱が高い土地、フランドルの姿を明らかにします。さらに海外チームに選手を輩出しているエキップアサダも特集。そのほか「スキル・シマノ2009ツール出場決定」「3大ツールガイド&100周年ジロ直前展望」「インタビュー シルヴァン・シャヴァネル」と、タイムリーで充実した記事が満載です。
●サイクルスポーツ臨時増刊、4月20日(月)発売、税込み定価1,575円、A4ワイド判116ページ
ミラノに戻る
夕べは11時まで写真の整理をし、そして今朝4時に起床。眠い目をこすりながら出発。
途中で睡魔に教われたが、ほとんど休まず、1,000kmあまりの道のりを10時間かけて到着。
ボーネンが勝ったのはご存知の通りだけど、アメリカ方面からの写真の引き合いがひどく活発で、これは「もっとサーバーに写真をアップせんかい!」という脅しに思えるけど、もうくたくたなので、日本から持参したインスタントラーメンとビールを腹に入れて寝ます。
ついてすぐに洗濯機を3回回したけど、木曜日からまた仕事が続く。このハードスケジュールは辛いです。
コンピエーニュから
電車でトゥルコアンからパリ〜ルーベのスタートであるコンピエーニュに到着。今日は半袖の人がいるくらいいい天気だったけど、夜になって雨が降り出した。明日はいい天気は望めないが、どしゃぶりになることはないようだ。

バッランが来ていて話したけど、彼のウイルス性の病気はけっこうひどく、今も1日60kmくらいしか乗れないという。当然ジロは欠場で、ツールを目指すという。
イタリア選手で、しかも世界チャンピオンのジャージを着ていながらジロを走れないというのは、大変残念なこと。
僕としゃべっているときですら、次第に声が小さくなっていって、今にも泣き出すのではないかと思ったくらいだ。

夜はコンピエーニュに住んでいらっしゃる日本人の方のお宅に今年もお招きいただいた。すごくおいしい茸のサラダとカレーライス、さらにアサヒビールをいただき、外食漬けの胃袋に味とありがたさが沁み渡った。
明日は僕の20回目のパリ〜ルーベである。
パリ〜ルーベ
まだトゥルコアンに滞在しているけど、今日はホテルで仕事している。
いい天気だけど、天気予報では週末2日間とも雨。
パリ〜ルーベはどろどろだろうなあ。
ゴールのルーベ自転車競技場は将来屋内トラックになると新聞に出ていた。
ベルギーから
忙しすぎて、日記の更新できませんでした。どうしたの?というメールもいただきましたが、山岳のカヴェンディッシュ状態で、手も足も出ません。

トラックの世界選が終わった翌日、スイスの世界選ロードコースの取材(厳しいコースです!)。その足で、ベルギー入りしました。宿泊しているのはフランス北部のトゥルコアンです。
次号のチクリッシモ(4月20日発売)は、自転車大国ベルギー特集なので、その取材で毎日てんてこ舞いです。
レースはデパンヌ、ツール・デ・フランドル、ヘント〜ウェヴェルヘム、それから引退した選手では昨日エディ・メルクスとヨハン・ムセーウに会い、今日はヴァンピテヘムの家まで行って来ました。
過酷な毎日ですが、内容ある取材を続けています。
次号にご期待ください。

追伸 今日、ヘント〜ウェヴェルヘムの大会受付でアスタナの監督をやっているエキモフとばったり会い、アームストロングのことを聞いたら、もう自転車に乗っていて、ジロを走るとのことです。もう1ヶ月でジロです。しかし、大地震が...。ムセーウの息子も今イタリアを旅行中で、取材前に真っ青になっていたのが心配。