Diary Only japanese
最新のDiary
2021-04-13
時計の話
2021-04-08
小さなステージレース
2021-04-01
富山中ロータリークラブでの講演終了
2021-03-27
日本の自転車
2021-03-08
トークショーのご案内
過去のDiary

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ご挨拶
 1989年にこの仕事を始め、主に海外で自転車競技を取材してきましたが、2020年いっぱいで一区切りつけることにしました。今後、海外の小さなレースは行くことがあるかもしれませんが、これまでのようにジロやツール、クラシックと転戦することはしない予定です。
 理由はいくつかあるのですが、大きな理由は以下の二つです。
 まず一つは自分自身、苦しくなってきたことです。これまで年間200日から250日は外泊しており、いつまでもできる仕事ではないことは重々承知していました。ここ数年はいつこうした生活をやめるか、ほぼ毎日考えていたように思います。
 もう一つは、高齢の母親の世話です。もはや一人ではちゃんと生活できない状態で、介護が必要です。
 実は昨年のうちから2020年がたぶん最後の年になるだろうと思っていました。そして2020年は1月から3月までハードな転戦が続いたのですが、それ以降はコロナ禍で予定外の自宅待機が続きました。それが今回の決断を決定的にしたといえます。これほど長く家にいたのは初めてで、例えていうと牙を抜かれた野生動物みたいな状態になり、もうこれで競走の現場には戻れなくなることを感じていました。
 海外でこの仕事を行うのは、戦いにいくようなものです。日本人選手はほとんどいない、日本のワールドチームは存在したことすらない中で、一人の日本人フォトグラファーが世界規模の通信社などを相手に仕事するわけです。逆にいえば、これまで32年間に渡って自分がこの仕事をやってきたこと自体が奇跡的なことかもしれません。
 そんな今、やってきたこと、あるいはやり残したことに対する後悔の念は一切なく、満足感しか残っていません。
 とはいえ、自転車と離れるわけではありません。今後もフォトグラファーとしての活動は続けます。海外のクライアントから要請があれば、1週間から10日を限度に海外に行きます。
 また日本国内ではジャパンカップやさいたまクリテリウムにも関わっていく予定ですし、さらにツアー・オブ・ジャパンの仕事も始めます。
 一般の人に対してはこれまで通り写真の販売も続けますし、講演や写真展もこれまでと同様に行っていく予定です。

 今まで私を支えてくださったみなさまには心より感謝しております。そしてこれで終わったのではなく、ここから新しい人生が始まるという心構えでいますので、このあともお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。
ツアー・オブ・ジャパン記念イベント
ツアー・オブ・ジャパン記念イベント
世界で活躍フォトジャーナリスト砂田弓弦氏講演会 参加者募集
・主 旨 ツアー・オブ・ジャパンの魅力を再確認する。
・と き 令和2年12月12日(土)16:00〜
・ところ 美濃にわか茶屋(美濃市曽代2007番池)
・主 催 ツアー・オブ・ジャパン美濃ステージ実行委員会
・参加費 1,000円(夕食有)
・募集人数50名
 (11月04日現在申込み40名)
・申込方法 NPO法人美濃うだつアップクラブのホームページの参加申込書に記載の上、12月6日(日)までにメール、お電話、FAXでお申し込み下さい。
・コロナ対策 感染防止対策のため検温します。マスク及びフェイスシールド等の着用。三密防止等を図ります。
  発熱があり、体調がすごれないなど症状がある方には参加をご遠慮いただくこともございます。
・その他 新型コロナウイルス感染拡大の影響により講演会を中止することもありますしのでご承知ください。
(事務局) ツアー・オブ・ジャパン美濃ステージ実行委員会事務局
    (NPO法人美濃うだつアップクラブ)
〒501-3714 岐阜県美濃市曽代166-1(美濃市体育館内)
TEL0575-33-2009 FAX 0575-33-2229
(担当: 宮西・長野)
メー ル mino-udatsu@ccn.aitai.ne.jp