Diary Only japanese
最新のDiary
2018-11-16
フェイスブック
2018-11-14
エアーブロアー
2018-11-12
マリオ・ロッシン他界
2018-11-08
36歳の死
2018-11-05
さいたまクリテリウム終了
過去のDiary

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ノー忘年会、ノー新年会
働き盛りの人ならば、12月は忘年会、1月は新年会が必ずと言っていいくらいあるだろう。
ところが僕にはまったくない。
もう何年も行ったことがない。
その理由は、住んでいるところに仕事先が一軒もないからだ。
東京に住んで入れば誘いはあるだろうけど、さすがに富山までは誘いがない。

これはもしかして、すごくいいことなのかもしれない。
僕は美味しいものを食べること、それから友人と語り合うことは大好きなんだけど、あの宴会の席があまり好きではないのだ。
よっぱらいの支離滅裂な話なんか、聞きたくもない。

そもそも、僕が仕事のベースを置いているイタリアには「飲みに行こう」という言葉はなく、「ご飯を食べに行こう」である。
酒は食事の潤滑剤なのだ。
NHKのクローズアップ現代スペシャル
今、NHKでクローズアップ現代スペシャルをやっている。
お年寄りに外貨建て保険を売ってトラブルになっている銀行があり、番組はモラル低下を叫んでいるけど、いつの時代か、銀行にモラルがあった時があったのだろうかと思って、笑ってしまった。
もちろん、希望を持って銀行に就職した人もいるだろうし、自転車ファンでこのブログを読んでいる銀行員がいるのも知っている。
だけど、今にはじまったわけではない。
バブルの時の銀行のやってきたこともそうだし、ドラマ「半沢直樹」のお父さんも銀行に融資を見捨てられて命を絶っている。現実もあんなものだろう。モラルなんて最初からないのだと思う。

うちの近くの某地方銀行は、僕が親の財産を勝手に使っていると疑い、アポもなく突然押しかけて来て、「ちょっとあがらせてもらいます」と強引に書斎に上がって来た。
あの時の屈辱は今も忘れられない。人間としての尊厳を踏みにじられた思いだった。
担当者や支店長がいつのまにかいなくなったが、あそこは行員にどんな教育をしているのかと思う。
分かる人に乗ってもらう
車の異音が心配になり、エキスパートに乗ってもらってお墨付きをもらった。
精神的にかなり楽に。エンジン積み替えで200万円越えを覚悟するところだったからだ。

自分の自転車を、分かる人に乗ってもらうのは、とてもいいことだ。
脚が短いと言われるのはいいとして、サドルの水平やハンドルの位置など、自分が普通と思っていても、もしかして普通じゃないと指摘されるかもしれない。
もちろん、僕の車のようにその逆もあり得る。
ブリュッセルから
今朝は5時前に起き(身体は日本時間に慣れているので、早起きは楽勝)、マルペンサ空港に向かった。
そのあと、ブリュッセルに飛んで、空港内でクライアントと来シーズンについてミーティング。
ちょうど、2年ほど前にテロの悲劇があった場所のカフェだ。
今も至る所に警察官が立っている。

ミラノ到着
昨夜、ミラノに着いた。
いい天気だけど、とても寒い。
朝、パソコンを開いて驚いた。
僕の誕生である9月7日、ブエルタ・ア・エスパーニャのステージでサルブタモールが検出されたとの報道が山のように出ていて、今日付のレキップ紙を見たら、1ページ目から数ページ目に渡ってこの事件のことが出ている。
ウエブ版の有料購読は、僕の写真を使っている。

ペタッキはやはりこの喘息治療薬を使いすぎて2年間の出場停止となった。
彼は届け出を出していたものの、この原因を説明できなかったのだ。
フルームがもし2年間の出場停止になったら、これはアームストロング以来の事件となるだろう。


フルームのジロ参戦
フルームのジロ参戦フィーは200万ユーロと報道されている。
それだけあれば、ツールを狙う選手でも出るよなあ。
しかし、この非常事態、どういうことになるのだろう。
イスラエル
トランプの宣言によって、イスラエルが大変なことになってしまった。
ご存知、来年のジロのスタート地だ。
もともと治安が決して良くないところで、ガゼッタの記者ですら行きたくないと言っていたほどだ。
果たしてレースは大丈夫なのだろうか。
これまでナポリや南仏など、犯罪多発地帯に数々行っている自分だが、さすがにテロや暴動が懸念されるところには行きたくないのが正直なところだ。
第10回TOJ美濃ステージトークショーの模様
12月3日 に美濃市文化会館 大ホールで行われた「第10回TOJ美濃ステージトークショー」のレポートです。

http://www.toj.co.jp/?tid=101125
砂田弓弦トークショーとパーティー
サイクルロードレース・フォトグラファー砂田弓弦トークショーとパーティー
2017/12/10(日) 14:00~2017/12/10(日) 15:00
イベント受付開始時間 2017/12/10(日) 13:30~
オリーブオイルキッチン富山駅前店
13:30受付開始
14:00トークショーpart1スタート。全員着座となります。
15:00乾杯、飲食スタート。飲み放題、料理はビュッフェ式。
15:30トークショーpart2スタート
16:00お楽しみ抽選会スタート
16:30飲み物ラストオーダー
17:00終演解散
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017xf6z678ia.html