Diary Only japanese
最新のDiary
2022-09-26
モゼール vs サロンニ
2022-09-16
引退ラッシュ
2022-09-05
オーストラリアで始まる世界選
2022-09-03
ジャンニ・メラヴィリア
2022-08-31
ハンドルさばき
過去のDiary

2022年09月

2022年08月

2022年07月

2022年06月

2022年05月

2022年04月

2022年03月

2022年02月

2022年01月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020 明日発売
イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020 明日発売
イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020 が明日全国の書店等で発売されますが、本日、自宅に届きました。
今年すでにイル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.1 1989〜2006を出していて、これを合わせると今年2冊目、自分のキャリアでは12冊目の本です。
32年間の世界のレースを自分の写真だけで構成した年代記、クロニカルです。自転車競技はすでに100年以上の歴史があり、自分が見てきた32年間はほんの一部ですが、それでも近年のロードレースの流れが分かるようになっています。こうした本は日本には存在しませんし、世界的にみても一人のフォトグラファーがそのキャリアをまとめたものはそんなにないと思います。

僕はこれまでいろんな国のいろんな媒体で仕事をやってきました。今日もスロバキアの広告代理店が3m四方の大きなパネルを作るというのでデータ画像を納品したところです。
その中でも、本というのは時代が変わっても不滅で、作者にとって一つの勲章みたいなものだとも思っています。
雑誌やウエブもいっしょに思われる方もいるかもしれませんが、保存性はもちろんのこと、社会や自転車界に与える影響みたいなものを考慮すると、ぜんぜん意味が違っています。これは自分の経験からもはっきり言えます。
たとえばツール・ド・フランスの主催者に雑誌を渡したところでリアクションはほぼありませんが、本は違います。一度、レースディレクターのプリュドムが写真集の前書きを書いてくれたのですが、こっちからお願いしたというよりも、「お前が書いてほしいのだったら、いつでも言えよ」と言ってくれたのがきっかけでした。こうしたことも、本だからこそ可能なのです。
たとえ今は必要なくても、本棚にこの2冊をぜひ並べてみてください。ロードレースに興味を持った人ならば、昔はどうだったのだろう?と思う時が必ずやってきます。
だからこそ、欧州では昔の映像が今も普通に流され、雑誌に過去の写真が掲載されるのです。

ただ、自転車レースの写真を撮ったから見てくださいと言っても、本場ヨーロッパでは全然通用しません。写真は腐るほど出回っていますから。
かつて、ある会社のカレンダーを担当してました。写真は全部デザイナーが選んで作られたのですが、レース会場のプレスルームで配ったところ、大半が捨てられていて愕然としたことがありました。
その後、ジェイ・スポーツのカレンダーの写真を自分が選ぶやり方で20年ほどやったでしょうか。ヨーロッパの連中からも喜ばれ、早く持って来いと言われたり、メールで催促されたりして、毎年スーツケースに詰めて持って行きました。
雑誌ではチクリッシモを立ち上げましたが、あれも向こうで喜ばれました。たとえば取材する選手に最初に見せると、撮影の依頼を断った選手はまだいません。
今回の八重洲出版からの写真集も、いつものように、まずは欧州の人に渡して恥ずかしくないか、ちゃんと読んでもらえるかが自分の中の最低ラインとしてありました。
本の評価は読者がするものですが、自分としては満足しています。
あと30年たったときに、日本人でもこんな奴がいたんだと思われるものができたのではないかと思っています。
媒体
写真の発表媒体はいろいろあるけれど、個人的には印刷されたもの、とくに書籍がいちばん上にあると思っている。雑誌は自分の作品としては正直なところ、記録に残らないくらいに思っている。
そしてWEBはいつかは消えるものだから、雑誌よりもずっと下である。

ところがWEBは世界のいろんなところの人が見ている。
一度、トルコの街の中を歩いていて、一般の方から声をかけれれて腰を抜かすほど驚いたことがある。
昨年はスロヴェニアで写真が初めて売れ、今はスロバキアとやりとりしているが、これもイギリスのWEBサイトで見た僕の写真をたどってクライアントがメールを送ってきた。
そうした意味で、ネット媒体は世界に広がることを改めて実感している。
イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020の発売予定
イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020の発売予定
イル・ミオ・チクリズモ プロトンの轍 Vol.2 2007〜2020 (八重洲出版)税込3,300円
7月28日発売です。
是非Vol.1と併せて揃えてください。この2冊で1989年から2020年までの自転車界の流れが分かります。歴史を頭に入れておけば、レースの面白さが倍増します。