Diary Only japanese
最新のDiary
2017-03-28
食料補給の新しいやり方
2017-03-25
E3・ハーレルベーケ
2017-03-24
天気良好
2017-03-16
ミラノ~サンレモまであと2日
2017-03-15
帰宅
過去のDiary

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

レキップの1ページ目
レキップの1ページ目
フランスのレキップ紙に写真が使われることは少なからずあるのだけど、1ページ目はめったにないのです。
今日、そのめったにない1ページ目に使われたということでメールが入ってきました。
「1ページ目...」というメールのタイトルにワクワク。
すぐに添付されていた新聞を開いたけど...ちいさっ(涙)。
キッテル、ツール・ド・フランス欠場です。
ツール・ド・フランスのベスト
ツール・ド・フランスのベスト
ツール・ド・フランスでオートバイに乗って撮影するフォトグラファーには特別のベストが支給されるのだけど、昨日、サイズの問い合わせがオーガナイザーの方からあった。
大会前にこうしたサイズの問い合わせがあるレースはツールだけ。しかも、これもここ1、2年前からの話で、昔は現場に行ってからその場でサイズを言ってもらう”行き当たりばったり方式”だった。

このように、ツール・ド・フランスはすべての面でオーガナイズされている。
そしてステータスもあるから、このベストだけは大会が終わっても持ち帰ってきている。
ジロやブエルタなどは、そのまま捨ててくるのだけど、ツールだけはやはり特別なのだ。
これは自分だけじゃなく、他のフォトグラファーもきっとそうだと思う。
6/19発売 CICLISSIMO No.46
6/19発売 CICLISSIMO No.46
砂田弓弦監修ロードレースマガジン

CICLISSIMO No.46

定価1,620円[税込]6月19日(金)発売



ジロ・デ・イタリア2015完全レポート号
コンタドール V2

特集 
  
究極の栄冠“ダブルツール”
  〜ジロ優勝のコンタドールが王手〜
   

シューズが主役 選手のこだわりとセレクトのポイント
  
ツール・ド・フランス2015直前ガイド
  
旧車で砂利道を走る L’英雄2015
  
自転車競技強国の秘密に迫る! オランダ最大級の地域自転車クラブ探訪

連載
ロードレース界のスペシャリストたち〜フィニッシュエリア担当者
ミラノで自転車を作る〜イタリアの少年レーサー
永井孝樹のロードレース 超図解 観戦塾 エースをアシストする選手の役割
1985年のイタリア(4)
1985年のイタリア(4)
食糧補給地点。各チームのクルマが並びます。
1985年、イタリアでのディレッタンテのレース。

一方、2015年の全日本選手権TTで以下が発表されています。
1.各競技者についての追走車(サポートカー)の走行は認められない。
2.共通機材車(二輪・四輪)によるニュートラル・サービスは提供されない。
パンクしたら、それで終わり。棄権しろということです。
この大会を目指して1年間頑張ってきたとしても、パンクしたらもう終わり?
それとも、1940年代のレースのように、スペアータイヤを持って走るのかな?
そうなると、もう自転車レースではないですね。
1985年のイタリア(3)
1985年のイタリア(3)
これはパッセリーニ・ゴンメというタイヤ屋が持っていたチームのクルマ。
ミラノの自転車屋デット・ピエトロ(当時はシューズが有名でした)がサブスポンサーです。
クルマはシトロエン。
この時代の強豪チームでした。
1985年のイタリア(2)
1985年のイタリア(2)
このレースのチームカーの隊列。30年前とはいえ、ロードレースでの普通の光景です。ジュニアのレースからこうしたチームカーがつきます。お金を出した地元の企業の名前がクルマに入っています。
1985年のイタリア(1)
1985年のイタリア(1)
友人がフェイスブックの友達申請をしてくれたのだけど、彼の家は昔、自転車チームを持っていて、強豪チームの1つとして知られていました。
ちなみにフェイスブックの名前はG.S.DARIMECです。
僕が初めてイタリアに渡ったのは今から30年前の1985年です。
彼のフェイスブックには当時の写真も多く、まだジロでの怪我から回復していないこともあり、なんだか胸がいっぱいになりました。

それがきっかけで、僕もちょっとだけ、自分のアルバムを見直しました。
写真はちょっと色あせていました。
最初に見たレースです。自分の53年間の人生で、何かを見ていちばん感動したのは、このときです。
ちなみにこのときこの上りの頂で山岳賞をとったのは、のちに世界チャンピオンになるジャンニ・ブーニョでした。ディレッタンテのレース(アマの最高カテゴリー)ですが、スポンサー名をペイントした本物のチームカーを監督が走らせていました。生まれて初めて見た本場のレースでした。全身が震えました。

当時の日本といえば、大人のロードレースでも競輪ヘルメットが義務付けられることが多く、かっこ悪さの極致。ましてスポンサーという概念はかけらもありませんでした。チームカーやニュートラルサポートカーもなく、パンクしたら終わりでした。
つまり、ロードレースではなかったのです。

今、日本のレースでいちばん必要なのは、こうしたチームカーをレースで走らせることなのです。
スポンサーが書かれていないチームのクルマだったり、ニュートラルカーだけのサポートだけでもダメなのです。
それから今回のジロで、石橋くんが出場したのですが、クルマを利用して集団に戻っていく技術を持っていないのが残念でした。
それは日本のロードレースでクルマが走っていない結果でもあるのです。

レースは関係者の多大な尽力で成り立っているなか、いろんなところで警察の許可が下りないのは重々承知してますが、少なくともレースに関わるみんなが問題として強く認識しくことが必要なのです。