Diary Only japanese
最新のDiary
2020-09-22
ミラノ近郊
2020-09-12
危機的状況のフランス
2020-09-04
コロナのど真ん中で
2020-08-30
ツール・ド・フランス 第1ステージ終了
2020-08-20
地方紙の方がずっと面白い
過去のDiary

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

イタリア
帰国後、僕はほとんど外出もせず、家ですごした。
コロナウイルスをもし持っていたら人にうつしてしまうからだ。
ほぼ2週間たった今も変わりなく過ごしていて、もちろん家族も元気だ。

一方、イタリアの惨事は目を覆いたくなってしまうほどだ。
家族ぐるみの付き合いがあるコルナーゴと昨日連絡を取ったのだけど、一昨日だけで960人が死亡し、そのうちの540人が会社のあるロンバルディーア州とのこと。
外出禁止令が出されて久しいが、さらに3週間延長される見込みという。

自転車レースはもちろんのこと、各メーカーの製造にも大きな影響があるのはもう間違いないし、すでに自転車という枠を超えてスポーツ、そして国、世界への影響は計り知れないレベルである。
自分も家族も元気というのは、非常に幸せなことである。
非常事態
自転車レースが凍結されてしまった。
これはもう前例のないことだ。
とくにツール・デ・フランドルなどは世界大戦中も実施されたレースだ。
世界の経済が著しく停滞するけど、自転車の世界も同様だ。
レースを走らない選手やチームにスポンサーは金を支払い続けなければならない。
赤字垂れ流しである。
とりわけ今の季節はベルギーのクラシックだ。ベルギーチームにとってクラシックレースはツール・ド・フランス、あるいはそれ以上に価値あるものなのだ。
前例がない非常事態で僕もこれからレースのない生活を送るが、3月、4月に日本にいるのはこの仕事を初めて32年目にして初めての経験である。
基本の基
僕が毎日欠かさず見ているWEBサイトやユーチューブがあるんだけど、それはまったく自転車とは関係のないものだ。
ただ、その道を極めたような人が運営していて、実に勉強になる。
一見、ただの親父に見えるけど、その人の中にはれっきとした歴史観があって、今の状況を歴史の中で位置付けられるところがすごい。

これを自転車に当てはめてみると、どうだろうか?
よくもまあこの程度の知識と経験でモノを書けるなあと、ある意味感心させられるというか、世の中をハッタリで渡っていけるもんだと思う。

まずは基本となるのは、例えば100年の歴史でコッピやメルクスがどの時代で、どんな機材を使い、どんな走りをして、どんな勝利を納めたかくらいは頭に入っていないとダメだ。
それすらも知らないのがいることに心底驚いてしまう。
そういうのに限って、レース現場に来ると選手やジャーナリストと話もできない
自転車の基本の基とはなにか、自転車学校がもしあれば、1年生の勉強範囲である。
今日出国
一昨日、自宅に到着した。
その時点で、イタリアの次のレースであるストラーデ・ビアンケ、ティレーノ〜アドリアティコ、ミラノ~サンレモにはいかないことを海外のクライアントに連絡した。ご存知、新型肺炎のせいである。
そうしたらネガティブな反応もあり、行かざるを得ない雰囲気となった。
その結果、わずか1日で方向転換を強いられ、ヨーロッパに向かうことになった。
今、富山から羽田への飛行機の中でこれを書いており、このあと成田に行ってローマに飛ぶ。
ところが今、イタリアは大変な状況になっており、つい数時間前に事実上、自転車レースは4月3日まで中止という感じだ。最終決定は今日、出される。しかも、ロンバルディーア地方はコロナウイルスの被害が甚大で、とても足を踏み入れることができない。コルナーゴから何度も連絡をもらい、ロンバルディーアどころかイタリアに足を踏み入れないように強く警告された。電話までいただいた。
しかし、出発まで24時間を切っており、もうチケットをキャンセルできない。レンタカー(ちょっと特別なもの)のキャンセルも10万円近くかかるという。
そこで、ローマで今晩泊まった後、パリ〜ニースに行く覚悟をした。第1ステージには間に合わないからそれ以降の取材だ。しかし、イネオスは欠場するというメールを今朝見た。
もしパリ〜ニースもキャンセルになったら、ベルギーのクラシックまで、どこか静かなところで過ごすことになる。

これだったら他のスケジュール組みをしたほうがよかったのだけど、フランスのレキップ紙のweb版には僕の写真が連日出ている。昨日もイタリアのレースに行けるかどうか、確認のメールがあったほどだ。
ベルギーの方からは、レムコ・エヴェネプールが出場するストラーデ・ビアンケは必ず行って欲しいというし、同国の有力紙ニューズブラッドからはウァウト・ヴァンアールトの撮影をホテルで夜7時からやってくれという依頼もあった。
だから行かないわけにはいかなかった。
イタリアやイギリスの雑誌だって写真を必要としている。
正直言って、先行きを心配している。
だけど自分を必要としている人が日本だけではなく、自転車大国でもたくさんいるのだから、今回の決断を後悔していない。