Diary Only japanese
最新のDiary
2017-07-24
「砂田弓弦」特別写真展&トークショーのご案内
2017-07-23
ツール・ド・フランス終了
2017-07-16
サングラス
2017-07-12
フィルムカメラをツール・ド・フランスで見た
2017-07-07
九州で大雨の被害に遭われた方へ
過去のDiary

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

「疑惑のチャンピオン」を見ました
ようやくアームストロングの映画を観てきました。
飛行機の中でも見られたんじゃないかと思うのですが、アマゾンプライム会員は映画を無料でダウンロードできるので、最近は持ち込むiPadばかりなのです。


娘に誘われていっしょにいったのだけど、僕はもちろん筋が全部わかります。
ずっと現場にいましたから。
たとえばあそこに出てくる一人からメールをもらって、写真が欲しいと言われたのは今年の話です。
だけど、一般の人にとっては、ちょっと難しかったのではないかと思います。

僕にとって、アームストロングは、もう過去の話です。
映画を観て、逆に懐かしく思いました。

今でも許せないのは監督のブルイネールです。
これが問題になる前に世界中で本が出版され、大儲けしたはずですから。
本代を返してくれと言いたいです。
ミラノにて
昨日、仕事の話で某チームマネージャーと食事をしながらミラノで話をした。
場所はホテル。
僕はそこのホテル自体、初めて行ったけど、その中のレストランはミシュラン2つ星をもらっていたのは有名な話だ。
残念ながらシェフが変わってしまったけど。
実はそのホテルのオーナーは大の自転車好きで、僕も以前から知っている。
なぜかというと、スペシャライズドの仕事で世界選を取ったばかりのクフィアトフスキーを撮ってくれという依頼が来た時、クイックステップの宿泊先にいったところ、一般サイクリストが飛び入りで練習に参加してきた。
それが、このホテルのオーナーで、知り合いとなった。ちなみにそのとき、ウランが強さに驚いて「お前、ドーピングしてるだろ」って言ったそうだ(笑)。

昨日もミーティング中に顔を出してくれた。
ミシュラン2つ星のレストランのホテルのオーナーが自転車に狂っているとなると、日本だとすぐにつまんない雑誌が大ニュースだとばかり飛びついて行くところだけど、イタリアではまったくニュースにもなりません(笑)。
契約
今、契約の話がピークを迎えている。
先日も某マッサージ師が浮かない顔をしていたので訳を聞いたら、来季のチーム編成が大幅に変わり、その中に入れず失業することを打ち明けられた。
昨日、区間優勝したコンティもゴールして開口一番、
「まだ契約にサインしてなくてよかった」だった。
当然、この成績が契約に反映されるからだ。

数年前に国内選手権の前にサインした某選手は、思いがけず国内選手権をとってチームにギャラのアップを申し出たが却下されている。


久しぶりにフレイレに会った
久しぶりにフレイレに会った
今、自転車界の高給取りたちは、次のところに集中しています。
1 モンテカルロ (モナコ王国)
2 ヒロナ(スペイン)
3 アンドラ(アンドラ)
4 ルガーノ(スイス)
もちろん、税金対策のためです。チームによっては、これらのところに住むことを条件に契約するところもあります。
3度世界チャンピオンになったオスカル・フレイレは、現役のときにルガーノに住んでいました。ルガーノはミラノのマルペンサ空港に近いので、クラシックレースの行き帰りでしょっちゅう顔を合わせていました。

フレイレはすごく頭がキレる選手で、冗談が抜群にうまい。
一回、撮った写真で、彼のチームメイトの名前が分からず、彼に聞いたら、「俺も名前知らない」って言われました(爆笑)。
彼といっしょにレースを走った選手でした。
そのとき、いっしょにいたガルゼッリにも彼のチームの選手の名前が分からなかったので聞いたら
「これ、オレだよ」って。
失礼しました。

フレイレに仕事を聞いたら
「無職」と笑ってました。
世界チャンピオン3回とったら、利子だけで暮らせますね。