Diary Only japanese
最新のDiary
2023-01-19
機材の進化
2023-01-13
ティボ・ピノー
2023-01-07
岐阜県ダイナランドスキー場50周年イベント
2022-12-30
練習は2列
2022-12-14
ジャパンカップのカレンダー発売
過去のDiary

2023年01月

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年09月

2022年08月

2022年07月

2022年06月

2022年05月

2022年04月

2022年03月

2022年02月

2022年01月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

練習は2列
練習は2列
自転車が盛んな国はたくさんあるけど、いろんな面でその頂点にあるのはイタリアとフランス、ベルギーだろう。
たしかにサイクリストの数は圧倒的に多い。
ただ、ミラノやパリのような大都市で見かけることはめったにない。東京並みに車が走っているわけで、そんなところで自転車の練習は危険すぎる。
ガゼッタ紙の自転車部門のチーフはミラノの中央に住んでいるが、その息子は小学生くらいで自転車を始めた。だけど中心部にクラブはないし、僕が住んでいた郊外にあるクラブに入ったものの、通うのも大変だし、家の周りで練習もできないということでやめてしまった。
それに都会で自転車文化に触れることはほぼ不可能である。店にしろクラブにしろレースにしろ、あるのは郊外なのだ。
日本からミラノやパリに観光に行き、あわよくば自転車の文化に触れられればという希望を持っている人はけっこう多いのだが、まず期待はずれとなる。

都会の練習環境を打開するのは、家の中でできるローラーかもしれない。
最近はコンピューターをつけて疑似体験しながらトレーニングすることも可能になり、大きな可能性を秘めていると思う。
ただ、ロードレースは体力だけではない。走行のスキルも求められることを忘れてはならない。
ある国のナショナルチームの監督に聞いたのだけど、プロ選手の中にもハンドルさばきが下手な選手はいるという。
「だから私はあの選手を代表に選ばないんだ」とも教えてくれた。
ちなみにその選手はジロの山岳TTで優勝している。
また元日本代表選手と先日話をしたのだけど、大学で初めてロードバイクに乗って大会を目指すような人には、閉鎖されたサーキットなどで2列になって走る練習が必要だろうという。
2列でちゃんと走ることができなければ、集団内の走行はまず無理だ。
海外では2列でトレーニングすることが当たり前なのだが、日本では非常に難しい。
このことも日本からなかなか選手が出てこない理由の一つになっている。
だけど日本には競技場が数多くある。
そこではみんなが1列でトレーニングしているが、6日間レースのウオーミングアップなどは2列が普通だ。ああしたことも是非見習ったらよいのではないだろうか?
ジャパンカップのカレンダー発売
撮影を担当したジャパンカップの卓上カレンダー、ホームページから数量限定で購入できるそうです。
https://japancup.official.ec
レベッリン死去
レベッリン死去
今朝、ニュースを見たらレベッリンがトラックにはねられて亡くなったことを知り、ショックを受けた。
右のスカルポーニと同じ運命をたどってしまった。
アマチュア時代からイタリアを代表する選手として活躍し、50歳を過ぎた今日まで選手を続けてきた。
一度彼からメッセージをもらったことがある。それはアメリカのウエブに書かれていた記事への抗議で、僕の写真が使われていたので、こっちに来たのだ。
そうしたことからも分かるように、とても真摯に自転車に向かっていた。

この写真を掲載したらすぐにコリエーレ•デッラ・セーラから電話があって写真のこと、両者のことをいろいろ聞かれた。イタリアでも大騒ぎになっている。
改めて合掌。