Diary Only japanese
最新のDiary
2019-11-28
健康診断
2019-11-23
シグマfp
2019-11-14
持たずに借りる
2019-11-03
消防
2019-10-21
ジャパンカップ終了
過去のDiary

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

プロレースの世界(その3)
イタリア人はチャット好きが多く、スカイプやFacebookを通して僕のところには毎日来る。
同業者から、「今、ランス復帰の可能性の記事がガゼッタのサイトに出た」というのも、チャットで連絡が来た。

僕ととても仲のいい代理人(代理人についてはチクリッシモ最新号を見てください!)もチャット好きで、もうしょっちゅう来る。
普段から、かけ放題契約の携帯電話を利用し、ずっと選手や監督としゃべりっぱなしなのだけど、そのノリでチャットが来るのだ。
ちょうどそのときも来たので、ランスの復帰について聞くと
「チポッリーニの復帰計画と同じで、ばかげたことだよ」と一笑に付した。

次の日に、ガゼッタ本紙の方で、わざわざピエール・ベルゴンズィが出て来てこれについて書いた。
元々はいっしょにレースを転戦していた。
90年の前橋のトラック世界選でサングラスを無くしたときに相談を受け、落とし物コーナーから引き取って来てあげると、
「砂田、そして日本人の道徳に驚いた」と原稿に書いた奴である(実際、発売された新聞ではそこが削除されていたけど)。
今は出世し、かなり偉くなっているけど、ドーピングなどのデリケートな問題のときには、必ず社を代表する立場で書く。
そして、ランスのトライアスロン参加について大きく取り上げ、自転車への復帰は否定した。

写真の撮影者の名前をすぐに間違える。いつも大げさにあおり立てる…など、うんざりすることもあるけど、僕は彼らの仕事にはいつも一目置いている。
彼らもいまやインターネットで情報を集めているけど、記事にする前に必ず電話をかけて裏を取る。その電話代がいったいいくらかかっているのか、こっちが心配なほどだ。

自転車界で運転手付きのクルマに乗ってくるのはガゼッタとレキップだけ。距離にもよるけど、飛行機はビジネスだし、ホテルも4つ星以上。だけど、その仕事ぶりはやっぱりいつも感心させられる。
僕が今でも新聞をまず読み、いわゆるインターネットサイトの記事をあまり見ないのは、幸か不幸か、彼らの仕事ぶりを見てしまっているからだ。

今回のパリ〜ルーベからの飛行機は、ガゼッタの記者と同じだった。
彼の荷物は、ビジネスクラスのタグが着くから早くターンテーブルに出て来る。
だけど、空港についてすぐに携帯電話が鳴りだした。仕事の話である。
で、僕が荷物を引き取ってクルマの方に向かうと、一足先にタクシーに向かった彼が駆け足で戻って来た。
自分の荷物を受け取ることを忘れていたのである!

話はちょっと飛ぶけど、通信社の仕事もこれまた厳しい。グランツールや世界選など、大きなレースで日本選手の写真が日本の新聞やそのサイトに最近良く載っているけど、その多くは僕が撮ったものだ。
ところが、よくあるのは
「初日のレースでゴールした瞬間に電話してほしい」というやつだ。
たとえば、「今、新城がプロローグを走り、そしてゴールしました」と、東京に電話するのだ。
「新城が初日のタイムトライアルを走り、完走した」という記事を書くための証拠とするのである。

今回、ガゼッタはランスのことをあおった。
だけど、金を動かすためにそれを考えた人は、自転車界に少なからずいると思う。
なにしろ、大スターがいないのだ、今の自転車界には。
ボーネンもカンチェッラーラもジルベールも、みんなワンデーレースの選手だ。
やっぱりグランツールの総合も取れる選手じゃないとダメなのだ。
« prev | next »