Diary Only japanese
最新のDiary
2019-11-28
健康診断
2019-11-23
シグマfp
2019-11-14
持たずに借りる
2019-11-03
消防
2019-10-21
ジャパンカップ終了
過去のDiary

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ジブリの「熱風」
ジブリの「熱風」
本棚にずっととってある数少ない雑誌の一つがスタジオジブリから出ているこの「熱風」だ。創刊は2003年1月で、全巻持っている。
日本の雑誌で全巻持っているのは、もしかしてこの熱風と、自転車競技マガジンだけかも(最初の数年はすばらしく良かったけど、それ以降は読む価値なし)。もちろん、チクリッシモは全部持っている。自分の雑誌ですから。
熱風は非売品で、いつも日本の自宅に送っていただいている。
毎回テーマが異なっているのだけど、その道のエキスパートが多く、勉強になる話があふれている。
なんと創刊号には、以前からまっとうな自転車の本を出し続けておられる未知谷の飯島さんが書かれている。
第2号はこれまた驚きの「自転車特集」で、恥ずかしながら自分もここに書いている。
最初、電話で執筆の依頼を受けたとき、ジブリのことを知らなかった。
話が終わってから妻に「ジブリという会社から原稿を依頼された」と言うと妻は絶句し、そして「あんたのことを初めて尊敬した」と言われた(笑)。
やがて、ジブリの高坂さんが「茄子・アンダルシアの夏」を作られたときにテレビで対談する機会があったのだけど、拙著を持っていてくださることを聞いて感激した。
こんな経緯もあってますます熱風のファンになったのだけど、読み出すと止まらないのが、写真家である石川直樹さんの連載だ。
小生よりも16歳も年下なのだけど、文章がいい。曖昧なところがなく、パンフォーカスの写真を見るような思いで読んでいる。
なにかテーマを見つけて追い求めて行く姿勢を感心して見ている。

とにかく、わずか2000円で年間定期購読もできるので、みなさんにもお勧めします。
写真は熱風の最新号。
« prev | next »