Diary Only japanese
最新のDiary
2020-09-12
危機的状況のフランス
2020-09-04
コロナのど真ん中で
2020-08-30
ツール・ド・フランス 第1ステージ終了
2020-08-20
地方紙の方がずっと面白い
2020-08-09
ツール・ド・フランス
過去のDiary

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

バルタリのテレビドラマその2
昨日、バルタリのドラマの後編が放送された。9時開始予定が、やはり15分ほど遅れた。
まずは第二次世界大戦で中断されていたジロが1946年に6年ぶりに再開。バルタリがコッピを押えて優勝する。
そしてその2年後のツール。前の年に再開されていたのだが、イタリアの選手たち(当時は国対抗)は敗戦しているので、惨めな思いでフランスに電車で入る。そこにジャック・ゴデ(ジャンマリー・ルブランの前の競技委員長)が温かく出迎える。そしてバルタリのところに、ルイゾン・ボベが挨拶に来る。

このツールは伝説の中の伝説、あまりに有名なんだけど、期間中にイタリアの共産主義指導者トリアッティが右翼に銃撃され、労働者の大規模なゼネストを引き起こした。そこにアンドレオッティ議員から電話が入って「今イタリアは、君のツールでの勝利が必要なんだ」と伝えるもの。
僕はこの部分を本で読んだけど、アンドレオッティではなく、デガスペリ首相からの電話と書かれていた。しかも、バルタリは敬語を使わずに、友人言葉で応対したと書かれているものもある。だけどテレビではちゃんと敬語を使っていた。まあ、いいか。

そして1959年、サン・ペッレグリーノのチーム監督となったバルタリは、コッピを選手として迎え入れる。コッピはジューリア・オッキーニと再婚したのだが、記者会見でこのことを新聞記者から突っ込まれ、頭を抱える。今でもそうなんだけど、イタリアでは離婚は法律が許しても、教会が許さないのだ。
そしてコッピがアフリカに狩猟に行って死去するのだが、番組もそこで終わる。
ちなみに、コッピの再婚相手との間にできた息子はときどきレース会場に来て(当然VIP扱い)僕はよくしゃべるのだが、写真が好きで、カメラにも詳しい。

昨日と今日のガゼッタはこの番組のことだけでそれぞれ1ページを割いた。
ドラマとして本当に良くできていたと思う。視聴率はコッピのドラマが流された1995年よりは低いが、昨日の同時間帯の人気番組よりも高い30%。
自転車競技の黄金時代、それはこのバルタリとコッピの時代だ。このテレビ番組を見て、当時の自転車競技の持つパワーが、いかに大きかったかあらためて感じた。
コッピとバルタリのような偉大な自転車選手が出ることは、もう二度とないだろう。

そうそう、昨日書いたバルタリとの会話なんだけど、バルタリが心臓の手術をした直後に「バルタリさん、体調はいかがですか」と尋ねたら「オレは最初からどこも悪くはなかったんだ。だけど医者がどうしても手術したいっていうから、させてやったんだよ」
« prev | next »