Diary Only japanese
最新のDiary
2019-08-21
フェリーチェ・ジモンディ
2019-08-02
グルッペット
2019-08-01
友人の息子の事故
2019-07-23
猛暑
2019-07-22
ツール・ド・フランス第14ステージ
過去のDiary

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ディルーカがかわいそうだ
先日モナコで行った佐藤琢磨君の撮影の写真の選択作業を、連絡を取りながらやっている。
それから原稿書きも始めなくてはならないが、取材はとても楽しかった。
先月ロサンゼルスにいったとき、ガゼッタの記者といっしょにチポッリーニの取材をやったけど、そのときにこのF1レーサーの取材の予定があることを告げると、彼は大きな興味を示した。
ドーピング問題で揺れ続ける自転車界に今必要なのは、こうしたポップな話題なんだと。
もちろん、佐藤君ほどのスターレーサーになると、いろんな制限がつきまとうので、許可なく媒体に写真を渡すことはできない。
その記者とは当然バッソの話になった。彼は復活を目指して黙々とトレーニングを積んでいる。黙々というのは、ロンバルディーアが終わったと同時に彼もバカンスに入ったというほどの念入りで、自転車選手の生活と同じことを2年間謹慎の身でもやっているのだ。
次にディルーカの話になったのだが、記者は顔をしかめた。サントゥッチョーネのところに行ったというだけで3ヶ月間の出場停止になり、そして世界選もロンバルディーアも走ることができなかったのは周知の通り。
だけど、去年のジロのゾンコロランのステージ終了後の夜に行われた抜き打ちの薬物検査で、ホルモン値が子供と同じくらいに出たことで、現在禁止されている点滴を行ったのではないかという疑惑があるのだ。
記者のしかめ面は、状況が芳しくないことを示していたが、案の定、イタリア五輪委員会は昨日ついに2年間の出場停止処分を求めた。
だけど、直接的な証拠もないのに、処分を下していいものなのだろうか。
ディルーカはもちろん疑惑を強く否定しているけど、禁止行為をやっていないことを証明する方法なんてあるだろうか。

今朝ラジオで、栃木県警が知恵遅れの人を犯人にでっち上げていたが、のちに真犯人が捕まったことを報道していた。
また僕が住んでいる富山の県警は、女性に乱暴した男性を犯人と決めつけて服役させていたけど、その人が娑婆に出てきた後に真犯人が捕まった。
当然、担当の責任が問われるはずだけど、「組織全体の責任」とかということでお咎めなし。県警は今日も元気にスピード取り締まりに情熱を傾けている。

こうした例を持ち出したところで、ドーピングスキャンダル続きの自転車界を擁護するのは無理だとは百も承知だけど、最初からなにかを見つけることを前提にして、そうしたお上的な組織が動いているような気がしてならない。
« prev | next »