Diary Only japanese
最新のDiary
2017-08-18
ブエルタ・ア・エスパーニャに
2017-08-15
オーストラリアの五輪メダリストの自殺
2017-08-12
来週からブエルタ
2017-08-07
トークショーの後で
2017-08-06
トークショー終了
過去のDiary

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

トークショーの後で
トークショーのことが地元のテレビや新聞で紹介されたものだから、いろんな人から声をかけられる。
今日、たまたま入った中華料理のところでは、オーナーが
「砂田さんはトライアスロンの写真を世界で撮っているんだ」と紹介されてしまった。

人間の勘違いというのは恐ろしいものだ。
僕がパンターニを批判しているとホームページで言っている人間がいる。
自分がいつパンターニを批判したのだろうと思って読んで見たら、まずは僕が監修している雑誌の中のフランス人記者の原稿が気に入らないらしい。
それが飛躍して、自分への批判となっているのにまずは驚いた。
百歩譲って自分に責任があるとしても、その輩によると、当時のエポは禁止薬物ではなかったと言っているのをみて呆れ返った。
合法であれば、いったい当時の選手たちがなんでこそこそと隠したのだろう?
エポは禁止薬物だけど、確立した検査方法がなかっただけだ。
だから、検出されたものの、その方法がUCIの定めるやり方に従っていなかったという理由で罪を逃れた選手もいた。
まったくなにも理解していないデタラメ文章であり、自分が乗っている自転車自慢とも受け取れる長文だったので、途中で読むのをやめてしまったけど、人を名指しで批判するのであれば、もっと自転車のことを勉強して、文章に責任を持たなくてはいけない。最低限、スポーツの規則というものを理解しなければ、単なるフェイクニュースの類である。
そして、それを信じている人たちもまた気の毒である。

だけど、中華料理の親父さんの紹介は悪気のない愉快なものだし、僕も別にどうでもいいので、笑って聞いていた。
« prev | next »