Diary Only japanese
最新のDiary
2021-12-03
世界一周
2021-11-11
Saleに新しいフォーマットのフレームが加わりました。
2021-11-05
会場図
2021-10-31
テレパシー
2021-10-20
写真展詳細のご案内
過去のDiary

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

オートバイの事故
ヘント〜ウェヴェルヘムでベルギーの選手が審判のオートバイに轢かれて亡くなるというショッキングな事件があった。
残された家族や親、友人のことを思うと、胸が痛む。
映像を見たわけではないが、避けようがないような状況だったらしい。

オートバイに乗っている自分は、亡くなった選手もさることながら、この運転手のことも非常に痛ましく思った。
これはオートバイに乗っている者なら誰にでも起こりうることだ。
僕だって97年のジロ・ディ・イタリアで、今ニッポの監督をやっているマンゾーニが下りで落車して僕のオートバイの前に滑り込んできたため、運転手が急ブレーキをかけて転倒し、放り出されたことがある。
また、2014年のミラノ~サンレモで、集団を追い越している時に落車が起き、今ジャイアントで走っている中国のジが滑り込んできた。幸いなにもなかったが、足元に落車した選手を感じた時のあの驚きの感触をまだ覚えている。
僕らオートバイに乗って撮影しているフォトグラファーの間でよく話に出るのは、どんなに気をつけていても避けようがないときがあるということだ。誰にでも起きる可能性があるのだ。
クルマを運転するドライバーが、いつどんな事故を起こすか分からないのと同じことだ。

ところが、今回の報道を見て、もうどうしようもないのが一部のマスコミである。
まずは選手にマイクを向ける。
選手は走るのが仕事であって、レースがどんな風に運営されているかは全く知らない。
当然、オートバイを減らせ、違う道から追い抜けなどという。
そこにはすでに書き手側の結論があるわけだ。

言っておくが、レースの中にいるオートバイで、必要がないものは1台もない。
オーガナイザーや審判、警察、フォトグラファー、テレビ…とりわけ、交差点や危険箇所などで旗を振っている連中は、選手の安全のために働いているのである。
何年か前、フランスのサンディ・カザールがカタールとオマーンでオートバイの運転手をやってくれた。
彼に感想を聞くとまずは
「選手の時はわからなかったけど、レースでこんなにたくさんの人が働いているのにびっくりした」というのだ。

そういうことも知らず、スタートからゴールまでコースも走らずに高速道路で行って、あとはテレビを見ながら選手のことを批評する人が、レースでどんなオートバイがどんな仕事をしているか、全く知らないし、興味もない。
そんな連中が選手だけに聞いて、まともな記事が書けるだろうか?
ただただ騒ぎを煽り立てているだけだ。オートバイを減らして、レースが運営できるとでも思っているのだろうか?

レースが公道で行われる以上、オートバイは必要不可欠。
ただ、集団を追い越す時の距離の取り方などは、これから厳しくせざるえないだろう。
どうしても数を減らすのであれば、レースをサーキットコースでやるか、国道などの広い道でやるしか方法はないと思う。
もし、今の状態でただ単に減らしたら、今度は一般車、あるいは観客との接触事故の危険性が増えるはずだ。

その点、昨日のガゼッタ紙はとても好感が持てた。
ジロのオーガナイザーで、こうしたオートバイをとりまとめているムラッツァーニを取材している。
彼の分析は、まずはロータリーなど、昔と違って危険箇所が非常に多くなっているのと、レースがスタートからすぐに高速で始まるので、危険性が増している。オートバイもたくさんいるけど、それはレースに必要なものだと、ちゃんと客観的に見ている。
そして、運転手の質の向上、講習が不可欠とも言っている。

オーガナイザー、UCIはなにをやっているんだという記事が溢れている。
そしてただただ数を減らせと書かれている。
書いているお前がいちばん分かってないんだよ!
そういう問題じゃないのだ。
今回の痛ましい事故をみんな忘れてはいけないし、レースを安全に進めるにはちゃんとした分析と対応策が必要ということだ。
« prev | next »