Diary Only japanese
最新のDiary
2022-09-26
モゼール vs サロンニ
2022-09-16
引退ラッシュ
2022-09-05
オーストラリアで始まる世界選
2022-09-03
ジャンニ・メラヴィリア
2022-08-31
ハンドルさばき
過去のDiary

2022年09月

2022年08月

2022年07月

2022年06月

2022年05月

2022年04月

2022年03月

2022年02月

2022年01月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

補給食が守ってくれた?
補給食が守ってくれた?
昨日のグリーンマウンテンのステージ、フルームがパンターニ並みの強烈なアタックを決めて優勝。
相変わらず、山の実力は世界一だと思いました。

ところで、昨日は大変な日でした。
集団を追い抜くときに、去年のジロで2位になったコロンビアのウランが、食べなかった補給食を手渡してきたのです。
僕は腹が減っていなかったので、それを左側のポケットに入れました。
しばらくして、僕はオートバイごと転倒しました。
運転していたカザール(ジロやツールでも活躍したフランスを代表する選手。去年引退)が道路にあったスピードを落とすための段差にハンドルを取られたのです。
普通だと、標識があったり、色が付けられたりしていて分かるのですが、田舎を走っていたせいか、なんのシグナルもなく、50km/hくらいでそのまま乗り上げたのです。
ちなみにあとから聞いたのですが、クルマに乗っていた人もそこに気づかず、もろにガツーンだったそうです。
カザールはなんともなかったのですが、僕は左腕と左の脇に擦過傷を負いました。
カメラも落としたのですが、写真はちゃんと撮れました。
ただ頭を打ったので多少ふらふらしていたし、夜も心配だったのですが、大丈夫でした。
擦過傷の痛みで眠れない事もなく、もちろん今もヒリヒリしますが、今日の最終ステージもオートバイに乗って撮影します。

擦過傷ですが、左腕よりも脇腹の方がダメージが少なかったのですが、それはウランからもらった食料がプロテクトしてくれたせいもあったのです。
袋が破れて中身が出ていたことが物語っていました。
夕食時にウランに事故の事を話したら(ウランはプロ1年目をイタリアで走ったせいもあり、イタリア語がうまいのです)、驚いていましたが、食料が思いがけず役立った事に喜んでいました。

カザールは何度もお詫びしてくれて、夕食時にも
「また僕のオートバイに乗ってくれる?」と言っていましたが、
「もちろんさ!来年のこのレースも予約するよ」と答えました。
彼に非はまったくなく、目印のない段差のせいです。

ただ、レースが終わってホテルにつき、クルマから降りて歩いているときに鞄を落としてその中に入っていた眼鏡を踏んでしまい、ぐちゃぐちゃになってしまいました。
まあ今日も仕事できるし、普通通りの生活ができるので、本当に良かったです。
« prev | next »