Diary Only japanese
最新のDiary
2019-10-21
ジャパンカップ終了
2019-10-10
コフィディス
2019-10-09
トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ
2019-10-03
ジョルジョ・スクインツィ死去
2019-10-01
世界選男子エリート
過去のDiary

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

パリから高校時代を想った
昨日出国して、今はパリの近郊に宿泊しています。
今日はオランダのアッセンまで600kmほどクルマで走り、ブエルタの取材に入ります。

機内では、ちょうど前から観たかった映画「剣岳・点の記」をやっていました。
まあ、僕の住んでいる富山を舞台にした映画だし、僕も高校生のときには5月から8月まで毎週スキーの練習で立山に行っていました。この剣岳にも登ったことがあります。

地元の新聞やテレビでは絶賛しまくりだったけど、実際映画を見に行った友人たちの評価は良くなくて、本当はどうなのだろうと思って興味深く見ました。
驚かされたのは最後の登頂のシーン。いよいよクライマックスというときのシーンがまったくなくて、場面が変わって「はい、登頂しました」。あれはないよなあ。
自転車で言えば、世界選手権の最後の2周の記述がなくて、はいベッティーニが優勝したというようなレポートだなあ。まるで、自分が書くやつみたいに(笑)。
時間と金がなくて、撮影ができなかったのかなあ。
そのあと観た「96時間」の方がずっと面白かったです。

しかし、剣岳といえば、忘れられない思い出があります。
高校のスキー部の合宿は例年、剣沢小屋に泊まって1週間ほどあったのだけど、ある日、剣岳に日帰り登山があったのです。
下山途中に剣山荘の前を通ると「お疲れ。ビールでも飲んで行くか」と、僕ら高校生にビールが振る舞われたのです。
僕ら数人はこっそり隠れて飲みました。
その日はたまたま夕食がカレーライスで、先生の前に座った奴が「おお、辛い」といってふーふー食べたところ、ビール臭さがバレ、大変なことになりました。
その年はライバル高校との合同合宿で、バレたのはライバル高のやつ。
僕の時代は正座やビンタ、坊主が当たり前でしたが、芋づる式にバレれることはなく、僕がバレていたらそうした体罰どころか、合宿は即刻解散だったらしいです。
でもライバル高の連中は、先生からの「おまえら、反省の態度を見せろ」の一言で、夜明け前から雪の上に出て滑っていました。
その先生は、前回のトリノ五輪のアルペンチームの団長を務められました。
「先生、今の生徒にも僕らのときみたいに、びしばしやってください。パリから応援しています(笑)」
« prev | next »