Diary Only japanese
最新のDiary
2021-10-20
写真展詳細のご案内
2021-10-08
2021秋の KAKI×砂田弓弦
2021-10-03
プリントの代金のお支払い方法について
2021-09-27
期間の延長
2021-09-26
作品の展示・販売
過去のDiary

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

今日から行く中東のこと
今、成田空港でカタール行きのフライト待ちです。
今朝、イスラム過激派に捕らえられていた後藤さんが、本当に残念なことになってしまいました。
僕が3週間強、よりによってカタールとオマーンに行くと言うとびっくりされますが、現地の治安は本当にいいです。
僕もイスラムのことはよくわからないのですが、現地のフォトグラファーに聞いたところによると、盗みを働いて腕を切断されるのは今サウジアラビアだけで、カタールやオマーンでは数十年前で取りやめになったとのこと。
それでも重罪は重罪で、そうした犯罪は非常に少ないとのことです。

僕はこれまでヨーロッパで何度も盗難にあいました。
向こうに足を運んでから今年で31年目になるのですが、昨年も被害額でいうと、100万円近くのものが盗まれました。
ところがスペインの警察に行くと、その事故処理はあくまでも事務的で、やる気などは全く感じられません。
まあ、これはラテンの国では共通のことで、下手すれば、やられたほうが悪いくらいの感じです。

イタリアの前のオートバイの運転手は敬虔なクリスチャンで、罪を憎んで人を憎まずの考え方でした。
泥棒を捕まえても翌日になれば警察から出てくるようなイタリアと、腕をぶった切られる国だったら、俺は断然後者のほうがいいといいました。
100万円の盗難で自分は今でもこの仕事をやっているけど、もし貯金もないフォトグラファーがこれだけの機材を盗まれたら、最悪自殺することだって考えられます。
「お前は泥棒だって人間だって言うけど、じゃあ、やられた俺がもし自殺することになったらどうするの?」というと、運転手は黙っていました。
まあ、こういうことを共に納得し合うことは元来不可能なことで、お互いの持っている結論は変わりませんからね。
でも、カタールやオマーンに行って、その治安の良さを体験すると、ヨーロッパのあの「人を見たら泥棒と思え」状態が本当に嫌になるんですよ。
後藤さんのことは残念で、ご家族や周囲の方の気持ち、日本国民の感情を考えると深刻にならざる得ませんけど、ただあれはテロリスト集団のやったことで、イスラムの国全体悪いということではありません。それはやっぱりはっきりしておかなければならないと思うのです。
« prev | next »