Diary Only japanese
最新のDiary
2022-12-01
レベッリン死去
2022-11-21
講演会のお礼
2022-11-01
京都 大垣書店での講演会の詳細
2022-10-27
京都での講演会のお知らせ
2022-10-05
写真展示
過去のDiary

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年09月

2022年08月

2022年07月

2022年06月

2022年05月

2022年04月

2022年03月

2022年02月

2022年01月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

東京五輪への望みはまったくなし
やっぱり、ザッケローニ監督が辞意かあ。
彼の話すイタリア語は自分にとって訛がなくて聞き取りやすく、それだけで心証が良かったのだけど(笑)。
でも、今回の成績じゃ、辞意も当然か。

イタリア・ナショナルチームの監督もベッティーニからカッサーニに代わった。
年俸10万ユーロ(1,400万円)と、ザッケローニの2億円以上から見ると、10分の1にも満たない。
しかも、勝てば選手のおかげ、負ければ監督のせいにされるので、あまり良い仕事でないのかもしれない。

一方、日本自転車競技連盟のゴタゴタはついに一般紙でも報道されることになった。
松本総監督の更迭である。
そして、競輪のトップ選手たちによるクーデターも、完全につぶされてしまった。そのときは競輪、そしてナショナルチームも良くなるのかと期待していたが、残ったのは加わった選手たちへの懲罰のみ。
東京五輪を控えてはいるが、日本が最も劣っている体制の強化とは逆方向に進んでおり、もはや東京五輪での活躍は絶対に無理。時間がなさ過ぎるし、海外事情を知る人が皆無なのが致命的。
残念ながら、現状では幼稚園児にエベレストを目指せと言っているようなものだ。それほど日本と世界の距離は開いている。

それから私事になるけど、日本人として唯一オールシーズン、ずっと自転車競技の報道をやってきているにもかかわらず、これまで五輪の取材は門前払いだった。
こればかりは日本に生まれたことを恨むばかり。
もう、どうしようもない状況なのだ。
« prev | next »