Diary Only japanese
最新のDiary
2019-10-21
ジャパンカップ終了
2019-10-10
コフィディス
2019-10-09
トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ
2019-10-03
ジョルジョ・スクインツィ死去
2019-10-01
世界選男子エリート
過去のDiary

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

メッセージ、ありがとうございます。
メッセージ、ありがとうございます。
みなさん、誕生日を祝ってくださって、どうもありがとうございます。
本来ならばメッセージを送ってくださった方々、一人一人にお返事しなくてはならないのですが、この場を借りて失礼します。

今日で52歳になりましたが、自転車レースの取材を生業にしてからちょうど25年が経ちました。ジロもツールも25回、世界選やその他のビッグレースもこの回数に近く、つまりシーズンを通して重要なプロのレースのほぼすべてに足を運んでいます。
こうした仕事はクライアントがあってのことなのですが、その一つがイタリアのカンパニョーロ社です。
ご存知カンパニョーロは自転車の歴史を作って来たパーツメーカーで、僕が自転車に乗り始めた頃は憧れのブランドでしたが、海外の最初のクライアントになってくれたのはこのカンパニョーロなのです。
そしてそれは20年前のことで、1993年のジロのタイムトライアルを走るこのミゲール・インドゥラインの写真をポスターとして使ってくれたのです。
この年のミラノショーでファンたちが奪い合うようにポスターを取って行く姿は今でも忘れられません。
以降、カンパニョーロは毎年なにも言わずに自分の写真を使い続けてくれています。
インドゥラインはツール・ド・フランスに5回、ジロ・ディ・イタリアに2回勝ちましたが、彼を支える人気は戦績もさることながら、その人柄です。
父親としてもチャンピオンだと聞きました。
僕がこれまで見て来た選手の中で誰がいちばん好きかと聞かれれば、やはりミゲールです。最初の海外の仕事を作ってくれた選手でもありますからね(笑)。
彼にサインを入れてもらったそのポスターを、今でも額に入れて飾っています。

いつまでこの仕事を続けるかは分かりません。
この仕事が大好きで天職だと思っていますが、やはり家を空けたり、日本から遠いところで働く大変さが重くのしかかっています。
実は現在取材中のブエルタ・ア・エスパーニャが始まってすぐに、妻のお父さんが他界しました。僕とSkypeで話をした数時間後に亡くなったそうです。葬儀にも行くことが出来ず、ちょっと落ち込みました。何年か前、医者をやっていた従兄弟が急死したときも、レース中でなにもできませんでした。
仕事を放り出して帰るわけにもいかず、そういった意味ではヨーロッパに住んでいるフォトグラファーたちや、単なるフリーランスの人たちとは状況が違うのです。

まあ、日本で自分が主宰する雑誌もありますし、もうちょっとは続けようと思っています。
だけどやめたときには富山で趣味として農業をやり、夜は酒を飲みながらジェイ・スポーツを見ると思います。
そしてトラクターで畑を耕す一方、スポーツカーに乗っているじじいがいたら、僕かもしれません(笑)。

それではみなさん、どうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。 砂田弓弦
« prev | next »