Diary Only japanese
最新のDiary
2019-10-21
ジャパンカップ終了
2019-10-10
コフィディス
2019-10-09
トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ
2019-10-03
ジョルジョ・スクインツィ死去
2019-10-01
世界選男子エリート
過去のDiary

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ドーピングで無罪放免となったとき
ドーピングで無罪放免となったとき
ジロで陽性反応が出たディルーカとサンタンブロージオのその後が報道されず、以前から気になっていた。
ツール・ド・フランスでガゼッタの記者に聞いたところ、彼らもうわさ話しか知らず、
「ディルーカは再検査をせず(=薬物接種を認めた)、サンタンブロージオはパン屋で働いているという話を聞いた」とのことだった。
そして今日のガゼッタはようやく報道したのだが、ディルーカは12年の出場停止の可能性がある一方、サンタンブロージオの陽性反応はかなり疑わしく、シロになる可能性が大きいことを示唆している。
もしサンタンブロージオが無罪となった場合、ジロでチームを去ってからの給与が支払われるかというと、まったくないはずだ。

リッコの奥さんは無罪になったけど、旦那がかなりの刑をくらっていただけに、最初から先入観をもたれてしまった。これを正しく批判したのは、僕の知る限り、ポッツァートだけだった。
今、メリディアーナで走っているシンケヴィッツは、一回刑を喰らっていただけに、2回目の陽性反応が出たとき、これまた強い先入観をもたれてしまった。
無罪放免となったとき、彼の訴えはほとんど報道されなかった。

一昨日のツール・ド・ブルガリアで区間優勝し、今リーダーとなっているディグレゴリオは昨年のツール・ド・フランスの最初の休養日に禁止薬物取引の疑いで逮捕され、コフィディスから即刻解雇された。だが所持していたのはビタミン剤で、無罪となっている。

逮捕されたときには大々的に扱い、無罪だったときには1行で終わりというのが、自転車を扱うマスコミだ。

僕は昨年の暮れのジェイスポーツの特番に出演し、ドーピングについて意見を述べた。
もともと人前でしゃべるのが苦手でうまくいえなかったけど、こういう事例がいくつも自転車界にあるので、単に刑だけ重くしてもダメだと思うのだ。
冤罪だった場合の救済措置が自転車界にまったくないのだ。
« prev | next »